2016年04月10日

琉球のノロと現代の神人

ノロと神人の祈願


琉球時代のノロを紹介すると、ほとんどのお客様は「巫女(みこ)?」と考えます。ノロは女性ですから、巫女と考えるのはもっともなことです。
ノロは琉球王国の制度でした。国の制度ですから、ノロは今で言えば国家公務員。ノロに任命されるときには、首里王府から辞令書が発行されます。辞令書には琉球国王の印が押してあります。(辞令書は今帰仁に残っていないのが残念ですが)

ノロと共に祭祀をつかさどるのが神人(かみんちゅ)と呼ばれる女性たちです。ノロも神人も、高齢化にともない、現在沖縄ではほとんど存在しません。
ところが、インターネットで「神人」「かみんちゅ」と検索すると、たくさん出てきます。これらの自称神人のサイトは、ユタです。ユタは琉球王国時代から存在したらしく、いわば、私設の占い師。私設ですから、霊感によって開業し、判じ事や祈願をします。

首里王府が政治の側面としてノロ制度を定め、公務員としてノロを任命したのに対し、ユタは自分の霊感を基に自営業としてユタを始める。ここが大きな違いです。小説では、霊感豊かなノロが登場しますが、あくまでお話の設定です。ノロの任務は、年中祭祀を滞りなくきちんと行うことが大切。国の宗教なのですから、儀礼が大事です。

「すいてんがなし」とは首里城の琉球国王様を意味する言葉です。琉球国の祭祀をつかさどる上級ノロの祈願は、この「すいてんがなし」から始まることが記録されています。首里の王様を称え、琉球王国が永く存続すること!が最重要の祈願。これを見ても、ノロの祈願は公務であることがわかります。

今帰仁グスク正門で一礼する今帰仁ノロ

上の写真は、今帰仁ノロが今帰仁グスク正門で一礼するところ(2007年に撮影)。今帰仁ノロは、地方のノロで、今帰仁ムラと親泊ムラの祭祀をおこなったノロです。今帰仁ノロは2016年現在、まだ健在ですが高齢で祭祀はおこなっていません。

上の御嶽で祈願する今帰仁ノロ

上の写真は、今帰仁グスク上の御嶽(うたき)で祈願する今帰仁ノロ(2007年に撮影)。
posted by gusukutarou at 15:34 | Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡 ツアー募集しています

ガイドとめぐる今帰仁の史跡
(画像クリックで拡大、別ウィンドウで開きます)

恒例となった「桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡」ツアー参加者を募集しています。

今までと大きく違うところは:各コースとも集合場所が異なります。

◎コースはA、B、Cの3コースあり、ベテランのガイドがご案内します。

◎参加料金はお一人500円と通常の半額。

◎各コースとも定員20名。定員に達し次第締め切ります。



詳しい内容は以下をご覧ください。

■日時 
2016年(平成28年)1月29日(金)/ 30日(土)/ 31日(日)
午後2:00 現地集合・受付
午後4:30 終了・現地解散

■コースと特徴 
Aコース・ハンタ道と周辺遺跡 
世界遺産に登録された今帰仁城跡周辺に広がる、集落遺跡や祭祀施設を訪ねるトレッキングツアー

Bコース・今泊集落の散策
今帰仁グスクへの登城道ハンタ道から、今帰仁城と関係の深い今泊の伝統的集落を訪ねるツアー

Cコース・運天集落と古墓
琉球の歴史と深い関わりをもつ運天港とその集落、そして周辺にある歴史的な古墓を巡るツアー

■参加費
おひとり 各日 500円(保険料等含む)
【各日 3コースから選べます】 ■雨天の場合【中止】

要予約 各コース定員20名

■お申込方法
必要事項<希望日・希望コース、氏名、住所、電話、参加人数>を事務局まで<電話・メール・FAX>にてお申し込み下さい。

■お申込先
今帰仁グスクを学ぶ会
[TEL/FAX]0980-56-4406
[当日連絡用] 080-6490-8250
[メール] manabukai@nakijingusuku.com
[住所] 〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地 今帰仁村グスク交流センター内

■注意事項
○雨天の場合 【中止】。
○どのコースも、4kmほど歩きます。 歩き慣れた靴でご参加下さい。
posted by gusukutarou at 19:16 | Comment(0) | ツアーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事一覧
琉球のノロと現代の神人(04/10)
桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡 ツアー募集しています(01/04)
中学2年生女子のグスクレポートが早くて視点がすばらしい(08/22)
宝剣 千代金丸と北山滅亡、沖縄の水中文化遺産(07/20)
宝剣千代金丸が今帰仁城へ来た!(04/20)
天気予報男 今帰仁村の民話から(04/12)
今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました(04/03)
今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした(04/03)
今年の緋寒桜はよく咲いてくれました(02/10)
2015年1月29日の桜の開花は8分咲き(01/29)
2015年1月18日の桜の開花情報(01/19)
不思議な山北王の時代(12/28)
桜の季節の史跡散策ツアー 参加者募集(12/01)
御嶽(うたき)が立ち入り禁止?!(11/24)
今帰仁村でサシバの飛来を確認しました(10/10)
食べられる花「クヮンソウ」と食べられない花「ヒガンバナ」(10/06)
今帰仁の隣ムラ具志堅のシニグ(08/23)
今帰仁グスクの海神祭を再現してみました。第2日目 城大折目(グスクウイミ)(08/13)
今帰仁グスクの海神祭(うんじゃみ)を再現してみました(08/11)
フウリンブッソウゲとコルチカム 今帰仁グスクの花々(08/04)


今帰仁城跡のガイドの予約、お問い合わせはガイドの公式ホームページ「今帰仁グスク」http://nakijingusuku.com/へ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。