2009年07月01日

平郎門でガイドを依頼されたら

平郎門と呼ばれる、今帰仁城跡の入り口で、
「ガイドをお願いします」
と受付に依頼するお客様が、まれににいらっしゃいます。

チケット売り場で、ガイドの案内表示が見えないことがあります。また、城門入り口に来てみて、やはりガイドを頼もうかと、お客様の思いが変わることもあるのです。

今日は、そのような状況で、ガイドの依頼を受けました。
電話連絡があったので、早速平郎門へ急ぎます。

5分でも短くします
6人の方が待っていました。所要時間をご案内すると、少し早めにしてほしいとのこと。では5分くらい短くしましょう。と申し上げました。つまり、45分でご案内することに。

6名では城内での行動が少しゆっくりになります。2人を案内するのと、6人を案内するのでは、移動時間が違ってきます。ですから、50分を標準として案内する場合、せいぜい5分の短縮が精一杯というところです。


海のない群馬県のお客様でした
あとで受付ノートに記入していただいたときにわかったのですが、お客様は群馬県からおみえになったようです。群馬県には海がありません。
見晴らしの良い御内原(うーちばる)で記念撮影しましたが、バックの海が広くはいるように撮ったので、良い写真になったかな、と思います。

sataya.jpg
サーター屋は人気があり、リピーターもおおい

下りの階段を下りながら、会話していると、1人の方は、5年位前に今帰仁城に来ておられたとのこと。そのときは、城壁の上を歩けた!?と言っておられました。
サトウキビジュースを飲もうと、帰りにサーター屋に立ち寄られたので、ガイドはここでお客様と別れました。
posted by gusukutarou at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122602661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。