2009年09月27日

クロツグは琉球のヤシ

周辺遺跡にはクロツグが多く生えています。
琉球の時代から変わることなく、世代交代を繰り返して、こんにちに至っているのでしょう。

ヤシの仲間ですが、大木にはならず、黒ぐろとした巨大な葉をのばしています。

街路樹に植栽するため、ヤシの仲間は外国から、つぎつぎと導入されたようですが、クロツグは山に入ると目にすることのできるヤシなのです。

低いところから葉を伸ばしているので子供でも手に取りやすく、刀のようにして、ちゃんばらごっこをして遊んだにちがいありません。
kurotugu02.jpg
クロツグの実

kurotugu01.jpg
クロツグはヤシの仲間、いかにも南国的

クロツグ

ヤシ科の常緑中木 花は芳香がある
方言名:マーニ
用途:シュロに似た繊維が採れる


ラベル:クロツグ
posted by gusukutarou at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺遺跡の動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。