2009年09月30日

ハマゴウは馬車道に咲く

ハマゴウが馬車道に咲いています。
紫色の小さい花がかたまって咲く、葉裏が白く、毛がはえているのが特徴です。

もともと、海岸ちかくに生えるので、ハマゴウとよばれたのでしょう。
少し臭いにおいがあるので、虫除けに使われたそうです。

馬車道は大正時代に造られた道で、慰霊塔からハンタ道の上のほうまで続いています。
hanta09.21-16.jpg
ハマゴウの花は馬車道に咲く

hanta09.21-17.jpg
ハマゴウの実
ハマゴウ
(浜ゴウ)
学名:Vitex rotundifolia
科名:クマツヅラ科
海岸の砂地に生える落葉小低木。
果実は消炎作用があり漢方薬に使われる。

ラベル:ハマゴウ 馬車道
posted by gusukutarou at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺遺跡の動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。