2009年11月12日

馬車道で見つけた昆虫たち

馬車道は大正時代に造られた道。
名前のとおり、馬車が通れる広さがあります。

周辺遺跡を見下ろす位置に通っていて、今帰仁城まで続いています。
開けていて明るいので、野草や昆虫がよく見られます。


hanta11.11-06.jpg
コオロギの仲間、ススキの葉に隠れていた

hanta11.11-07.jpg
カマキリが獲物を探していた

今では舗装道路ができているので、馬車道を利用することはほとんどありません。
農作業をする地元の方が出入りする程度。
植物や昆虫の観察には最適の場所です。


posted by gusukutarou at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺遺跡の動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。