2011年01月10日

小学生のお客様からつぎつぎと質問が

小学生のお子さんをお連れの、お客様をご案内しました。
歴史がお好きな方のようです。小学生のお子さんから次々と質問が投げかけられました。

質問にお答えしながら、城内をご案内します。
熱心なお子さんと、楽しくガイドをさせていただきました。

お客様と会話しながら、また、質問にお答えしながらのご案内が、一番よいガイドの方法です。

IMG_2616-420.jpg
復元中の外郭の城壁。復元が完成すると広大な今帰仁城が見えてきます。


琉球王国は初めから1つの国ではありませんでした。グスクを中心に各地の在地領主が勢力を広げていき、北山、中山、南山に分裂していました。これら三山の争いから、琉球王国が生まれました。

しかし、同時に、琉球国創り神話があって、アマミキヨ神が琉球国を創り、今帰仁城内にある「テンチジアマチジの御嶽」を創ったというのです。しかも、首里王府が編纂した書物にも記述されています。

このように、現代の歴史観と、琉球王府の歴史観は違いがあります。
ちょうど、日本にもアマテラス神が登場するように、ひとつの国の創造には神話が絡んでいるようです。
posted by gusukutarou at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179865873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。