2011年03月18日

ハンタ道で見つけたアカボシタツナミソウ

久しぶりにハンタ道を歩きました。まだ、北風が寒く感じられます。南国沖縄でも3月いっぱいは、気温15度以下の寒い日が多いです。
目を引く花が咲いていました。アカボシタツナミソウ(赤星立波草)です。小さな花が皆同じ向きにそろって咲いています。この花の様子が、波が立つように見えるので、立浪草と名づけられたそうです。

TS3A2076-420.jpg

野性蘭のように見えますが、シソ科の植物。屋久島から沖縄島にかけて分布しているようです。
今帰仁城周辺ではハンタ道とその近くの馬車道で見つけました。

赤星とは何か?と調べましたがわかりませんでした。花に赤い色はないのですが、、、。


今帰仁のハンタ道とは
ハンタ道は今帰仁城へ至る登城道でした。造られたのは、14世紀ころでしょうか。今帰仁城が繁栄していた頃でしょう。
大正期に馬車道ができるまでは、地域住民が日常歩いた道でもあります。ハンタ道を歩いて小学校へ通った、今はおばぁたちもおられます。

琉球の時代の道が近年まで現存し、利用されていた。沖縄中探してもまれな例です。2009年、国の史跡に指定されました。
ハンタとは崖を指す言葉。国頭のかや打ちバンタがよく知られています。今帰仁では志慶真川の崖を指しています。

個人でも歩けますが、自然の森の中を通るので、ガイドを頼んだ方が安心です。(ガイドの公式サイト:今帰仁グスク 別ウィンドウで開く)

posted by gusukutarou at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺遺跡の動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191252837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。