2011年09月14日

八重山の教科書採択をめぐる問題

沖縄県八重山地区の教科書採択をめぐる問題で、中央の文部科学相がついに見解を発表しました。



引用は沖縄タイムスから
 【東京】中川正春文部科学相は13日の閣議後会見で、八重山地区の中学校公民教科書の採択問題をめぐり、育鵬社版を不採択とした3市町の全教育委員による協議について、石垣と与那国から異議が出ていることを踏まえ「残念だが協議は整っていないと考えていかざるを得ない」とし、不採択は無効との見解を示した。事態の収束に向け文科省として協力する姿勢を示したが、現時点で具体的な方法は明確にしておらず、同地区の教科書採択一本化は混迷を極めている。



石垣市の玉津博克教育長も同会議に出席し国が竹富町を指導するよう求めた。記者団の取材には「ノーコメントだ」と発言を避けた。

 

東京の動きについて、3市町の教育委員長はいずれも全教育委員による協議の有効性をあらためて主張し、「教育長が委員会を代表しているわけではない」と不快感を表した。

 

一方、与那国町の崎原用能教育長は「3教委による協議は合議が前提。国の判断は当たり前だ」と歓迎。竹富町の慶田盛安三教育長は「教育委員が全員で確認したはずだ。協議は成立している」と文科省の見解を批判した。

 

県の大城浩教育長は「これまで文科省の指導、助言を受け進めてきた。驚いている」と困惑を隠せない。(銘苅一哲)


このように混迷の度を深めていますが、多くの方はさっぱり意味が解らないのではないでしょうか?
私自信スタート時点からよくわかりませんでした。おおざっぱにいえば、戦争容認派の記述した教科書を、八重山地区で使わせようとする首長と(それを後押しする中央の官僚)、対する、戦争反対の沖縄県民の意思、という構図です。

それを解説した記事が掲載されましたので、記事をスキャンして後、投稿します。(およそ8時間後の予定)

okinawa-kyokasyo.pdf

okinawa-kyokasyo.jpg
ラベル:八重山
posted by gusukutarou at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球・沖縄関係の新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。