2011年09月27日

門中の今帰仁上り

門中の今帰仁上りが始まっています。旧盆が終わると、11月ころまで毎週日曜日は、「〇〇門中」と表示された観光バスが停まり、ビンシーとよばれる拝み道具の入った木箱やお供えの風呂敷包みを持って降りてきます。

写真のように全員そろって祈りをささげます。祈願するところは、今帰仁城内で5〜6ヵ所あります。下の写真はクバの御嶽の遥拝所。遥拝所とは、遠くから目的地に向かって祈願するための場所で、お通しとも言われます。

IMG_4304-420.jpg

門中とは、男系の親族、いわば父親の親戚です。沖縄語で「むんちゅう」といいます。大きな門中は50人〜100人にもなります。
ここが、日本一般の親戚づきあいと違うところで、巨大な組織?という感じです。門中内の結びつきは強いものがあります。

門中の墓は大きなものです。門中のメンバーがみな入る墓ですから、大きくなるわけです。沖縄の墓は大きいので驚きますが、門中の墓と聞けば納得できますね。

今帰仁上りを沖縄語で「なきじんぬぶい」といいます。今帰仁上りは聖地巡拝の行事で、1800年代に始まったとされています。今帰仁城周辺を20ヵ所くらい一日がかりで参拝して回ります。御嶽、火の神、拝所、ゆかりのある墓などです。

今帰仁城の城主の子孫か、つながりのある人々ですか?と見学のお客様から質問されることがあります。直接つながりのある門中もありますが、かならずしもそうではありません。

今帰仁上りに来ていたあるおじぃはこう言いました。「ご先祖はみなひとつだからね。」つまり、このおじぃのルーツは、琉球の今帰仁グスク城主や、首里の王様の先祖と同じということです。いささか極端のようですが、おじぃはそう信じているのです。

先祖の供養を非常に大切にする、沖縄のひとびとならではの宗教観です。まさに世界遺産ものです。琉球・沖縄の宗教は、世界の宗教のなかでも独特なもので特異性があると、世界遺産登録委員会は認めたのですから。

ちなみに、入城料金は必要なのかというと、拝み特別料金が今帰仁村の規定で定められていて、受付で用紙に門中名と人数を記入してから支払うようになっています。
posted by gusukutarou at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 拝む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227816437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。