2011年10月27日

竹富町は教科書を有償にする。これは正等か、暴挙か?八重山教科書問題。

八重山教科書問題が再燃しています。文科相が発言した「竹富町の教科書は有償にする」をめぐって、正等なこと、いや暴挙では?と賛否両論が巻き起こっています。

八重山地区の竹富町は育鵬社版教科書を採択しなかったのに対し、与那国町と石垣市は同教科書を採択。

ここで足並みがそろわず、未だ調整中だったところに、突如として「竹富町の教科書は有償にする」との文科相の発言。

八重山地区の教科書採択問題に関し、沖縄県は文科省に文書を提出したが、文書による回答がないまま、上記の発言が。


 【東京】中川正春文部科学相は26日の衆院文部科学委員会で、八重山地区の中学公民教科書採択問題について、育鵬社版を選んだ同採択地区協議会の答申と異なり、東京書籍版を採択した竹富町に対し「教科書の(無償措置法による)無償給与の対象にならない」とする同省見解を示した。

 一方、竹富町や識者は「子どもらの教育を受ける権利に関わる」などと憲法に抵触しかねない文科省見解を問題視している。

沖縄タイムス10月27日09:44版より引用 (リンクは同じウィンドウで開きます)



 「竹富にどんな瑕疵(かし)があったのか」「国の不当な介入だ」―。中川正春文部科学相が、八重山地区の中学公民教科書採択問題で、東京書籍版を採択した竹富町に「教科書の無償給与の対象にならない」との見解を示したことに26日、同地区の教育関係者や保護者の間に、国への反発と不信が広がった。県教育委員会も加わり打開策を模索する最中、識者などから文科相の一方的とも映る発言を「脅し」と受け止め、義務教育の無償を定めた憲法抵触への可能性や地域の分断、生徒への悪影響を心配する声も上がっている。

沖縄タイムス10月27日11:20版より引用 (リンクは同じウィンドウで開きます)
posted by gusukutarou at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球・沖縄関係の新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。