2013年10月13日

クバの御嶽は荘厳で首里城とのかかわりも深い

クバの御嶽遠景
クバの御嶽遠景

クバの御嶽は今帰仁グスク西側にある、とてもきれいな山です。御嶽が山?そうです、山全体が御嶽になっています。


霊山ですから、周辺住民の日常生活に使う薪採りも禁止され、拝みの行事以外には入ることが許されないところでした。

最近、パワースポットばやりなので、入山する人も増えたようですが、入るには、それなりの心構えが必要です。険しい岩山なので、装備にはトレッキングシューズと軍手は必須。軍手は張ってあるロープをつかむためです。

今帰仁グスク内の御嶽より山深く、霊が棲んでいるので、物見遊山のうかれた気持ちではなく、気を引き締めて登るほうがいいです。できれば、一人ではなく数人で登るとよいでしょう。

クバの御嶽の歴史
このクバの御嶽は首里城とのかかわりも深く、その歴史も長いです。これから記す内容は、琉球が一つの王国になって後のことがらです。

画像の中の今帰仁間切とは、今帰仁村のことで当時は間切(まぎり)と呼びました。ソハヤの御嶽とはセヤハノ御嶽とも称し、現在の斎場御嶽(せーふぁーうたき)のこと。

琉球七御嶽


クバの御嶽(別称コバオの御嶽)は上記画像の琉球七御嶽の一つで、『聞得大君規式の御次第』という資料に基づきます。聞得大君(きこえおおきみ)とは、ノロの中でも最高の位で首里城の王様の娘が就任します。

ですから、クバの御嶽は聞得大君の管轄下にあるわけで、琉球王国の御嶽の中で、最も重要な7つの御嶽なのです。

従って、七御嶽での祈願は、村(ムラ)に居住するノロではなく、琉球国のノロが取り仕切ります。琉球国のノロとは琉球北部では、阿応理屋恵(あおりやえ)と呼ばれるノロです。

ムラのノロは、それぞれのムラの祭祀をつかさどりますが、国のノロは首里王府(首里城)の祭祀をつかさどるのです。

阿応理屋恵ノロ火の神の祠
阿応理屋恵ノロ火の神の祠

阿応理屋恵ノロは、首里からそのつど来るのではなく、今帰仁グスクのすぐ近くに住んで、国頭(琉球北部)一帯を管轄する国のノロでした。国のノロは、今でいえば国家公務員のような存在だったのです。

クバの御嶽にリャンサン(涼傘、大きな日傘)と呼ばれる雲がかかると、飛脚を出して首里城に伝え、ノロ、王、家臣が装束を着て鼓を打ち、ウタを謡ったと伝えられています。

琉球七御嶽は、王権と神権政治の琉球王国にとって、神を祭る行事をおこなう重要な御嶽だったのです。

上記の七御嶽とは少しちがう、琉球国創り神話の七御嶽があり、国創り神話も今帰仁グスクにかかわりがあります。改めてご紹介します。

参考文献:今帰仁村歴史文化センター 平成17年6月の動き


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: 子宝洞窟「プトゥキノイッピャ」へ行くには
ガイドと歩く今帰仁城跡: サカンケーで拝む



沖縄の聖地

湧上 元雄,大城 秀子 むぎ社 1997-05
売り上げランキング : 902447
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺史跡を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377407393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。