2007年04月16日

水に縁のあるカーザフ

カーザフは水に関係が?
カーザフと呼ばれる郭、水があったかもしれない?

今帰仁城には水に縁のあるところがいくつかあります。カーザフもその一つです。「カー」は湧き水や井戸などを表します。カーザフは水が湧いたところ、といえそうですが、残念ながらよくわかっていません。

カーザフを見るには、平郎門をはいってすぐ、右にある階段を登ると見ることができます。深い谷になっていて、岩盤が露出しています。
ここに水が湧いていたら、城内の水事情はよかったと思いますが、伝承によると、水は反対側の志慶真川まで降りて、汲み上げたということです。急な崖を水をかついで登るのは、かなりの重労働だったにちがいありませんね。

カーザフから目を転じて参道を見る
カーザフの見える場所から参道を望む。

posted by gusukutarou at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 城内案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。