2014年02月26日

今帰仁グスク直下のムラは、格子状集落に生まれ変わった

今泊集落の案内板、集落内は格子状になっている。
今泊集落の案内板、集落内は格子状になっている。

今帰仁グスク直下のムラが、格子状の集落に生まれ変りました。

昔のムラは今帰仁ムラと呼び、グスクのすぐ下にありました。現在のムラは今泊集落と呼びグスクから離れて海沿いにあります。

今泊集落はみごとな格子状になっていて、沖縄県内でこんにち希少価値のある存在です。

グスクの時代に、今帰仁ムラはグスクの城下町としての役割を果たしていました。

模型で見ると、グスクの手前にかつての集落の石垣が再現されています。実際の石垣もすぐ近くに見えますが、昔の集落は格子状ではありません。

今帰仁グスクと集落が模型になっている
模型で見るグスクと今帰仁ムラ

現在の今泊集落は海のそばにあり、グスクとは離れています。ムラ全体が移転したのです。集落全体が移動するのをムラ移動と呼んでいます。

移転の際に、計画的に集落を造ったため、今泊集落は格子状に道が通っています。道の交差点は、わずかにずれていて、石敢當が設置されています。石敢當は魔をよけるためですが、風水の考えに基づいているとされています。(写真の交差点は石敢當の代わりに、子どもの飛び出し注意の表示板がある)

今泊集落内の交差点
今泊集落内の交差点、写真の交差点は石敢當の代わりに子どもの飛び出し注意の表示があります。


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: 3つあるノロ殿内火の神の祠(ほこら)
ガイドと歩く今帰仁城跡: ミームングスクは物見台?



日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ)

福代徹,日本城郭協会 学習研究社 2007-05-25
売り上げランキング : 4814
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 23:12| Comment(0) | 周辺史跡を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。