2014年06月29日

梅雨が明けた今帰仁グスク 志慶真川の水音も大きく聞こえました

志慶真川の谷と志慶真城郭
志慶真川の谷と志慶真城郭

梅雨明け後の今帰仁グスクは、志慶真川(しげまがわ)の水音が大きく聞こえ、数日前まで降っていた雨が思い出されます。

志慶真川は、今帰仁グスクの飲料水となり、下流の水田に水を供給しました。グスク内から炭化米が発掘されているので、米を主食としていたことがわかります。(米を主食としたのはグスク内の人々に限られます。集落からは麦や雑穀が主に発掘されています。)

さらに、志慶真川の谷は30度の急勾配ですから、そのおかげで今帰仁グスクが天然の要塞となったのです。

この志慶真川の谷と、志慶真城郭と呼ばれる武士たちの住んでいた郭がよく見えるスポットがあります。御内原(うーちばる)という郭におススメスポットの表示板があります。


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: 難攻不落といわれた今帰仁グスクが、中山の勢力に滅ぼされた理由は?



琉球の王権とグスク (日本史リブレット)

安里 進 山川出版社 2006-12
売り上げランキング : 637557
by ヨメレバ

posted by gusukutarou at 20:52| Comment(0) | 城内案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。