2014年08月04日

フウリンブッソウゲとコルチカム 今帰仁グスクの花々

フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)とコルチカムが、今帰仁グスクに咲いています。四季折々の花が咲くので、今帰仁グスク見学のもう一つの楽しみでもあります。

フウリンブッソウゲ
フウリンブッソウゲ


ハイビスカスを和名で仏桑華と言いますが、その名の由来を探してみました。

中国でハイビスカスを「扶桑」という。日本に渡来したとき、華(花)を付けて「扶桑華」(フソウゲ)と呼んだ。これがなまり「仏桑華」になった。この花を仏前に供える習慣から、「仏」の字が当てられた。

とありました。墓地に植栽する習慣もあるらしいので「仏」はそのためなのでしょう。


一方、英名ではコーラル・ハイビスカスと言います。コーラルつまり珊瑚(さんご)の形と色に似ているというのです。国によってその印象はかなり違うものですね。


コルチカム
コルチカム

コルチカムはイヌサフランを改良した園芸品種です。イヌサフランはサフランに似ていますが、まったく別のもので、有毒です。イヌと名のつく植物は、どうも印象がよくありません。コルチカムはきれいな花を咲かせますが、触らずに見るだけにしておきましょう。


この記事は今帰仁グスクにも投稿しました。


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: 今帰仁城跡にどんぐりがある?城内にはありませんが、、



日本100名城めぐりの旅―7つの「城の楽しみ方」でお城がもっと好きになる!

萩原 さちこ 学研パブリッシング 2013-05
売り上げランキング : 56997
by ヨメレバ

posted by gusukutarou at 20:46| Comment(0) | 今帰仁城と周辺の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。