2014年08月23日

今帰仁の隣ムラ具志堅のシニグ

シニグの舞い


今帰仁グスクの城下町今泊(いまどまり)集落では、海神祭(うんじゃみ)はすでに見られず、シニグも見られません。ところが、隣ムラの具志堅(ぐしけん)では、シニグが保存会によって保存され、毎年行われています。

見学してきましたので、画像をご紹介します。

シニグ舞いの入場
シニグ舞いの入場です。お宮と呼ばれる聖域に向かって祈ります。

年配者のおばあが先頭で唄と太鼓を
年配者のおばあたちが先頭に、唄と太鼓を。唄は口伝えで若い人へ伝えられるのでしょう。われわれには、歌の内容は聞き取れません。

振舞われたお神酒
お神酒が振舞われます。米だけで作るそうです。甘酒に少し似ているような甘酸っぱい味ですが、アルコール発酵はしていないようです。昔は乙女に米を噛ませて、醸したとされています。

円陣を組んで踊ります
シニグは円陣を組んで踊り、全部で13曲が披露されました。

大きなノボリ旗には神徳霊妙と書かれている
大きなノボリ旗には神徳霊妙と書かれています。階段の上にお宮と呼ばれる聖域があり、お宮から今帰仁グスクへ向かって遥拝します。具志堅集落も今帰仁グスクの城下にあり、具志堅ウーニー(本部ウーニー)と呼ばれる舟型があります。

本部町具志堅のシニグを見ました - 今帰仁城跡と周辺遺跡にも投稿しています。


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: 今帰仁グスクの海神祭を再現してみました。第2日目 城大折目(グスクウイミ)
ガイドと歩く今帰仁城跡: 今帰仁グスクの海神祭(うんじゃみ)を再現してみました



琉球古道---歴史と神話の島・沖縄

上里 隆史,富山 義則 河出書房新社 2012-03-20
売り上げランキング : 83985
by ヨメレバ

ラベル:具志堅 シニグ
posted by gusukutarou at 22:03| Comment(0) | 周辺史跡を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。