2014年12月28日

不思議な山北王の時代

今帰仁グスク(今帰仁城跡)の城主、山北王の時代は明国との交易が盛んでした。33年間の間に18回も進貢船を出しています。と、言うより、中山と一緒の船で、明に進貢するために行ったらしいのです。

山北と中山は宿敵ではなかったのでしょうか?さらに不思議なことには、進貢の品物は馬と硫黄ですが、硫黄の採れる硫黄鳥島は山北の領域にあります。中山も硫黄を進貢しているので、硫黄を山北だけが独占していたわけではなさそうです。

戦と交易は別ものだったのでしょうか?とても不思議に思われます。このような記事も掲載している山北王の時代のページには、明と冊封関係を結び、日本と交易した琉球国の姿が描かれています。

別冊モモト「世界遺産今帰仁城跡」の表紙は、深い渓谷側から難攻不落の城壁を空撮しています。
内容は、最新の今帰仁城跡の情報といえると思います。ガイドのお勧め5つ星です。

モモト別冊 今帰仁城跡 -
モモト別冊 今帰仁城跡 -
ラベル:山北王 モモト
posted by gusukutarou at 22:03| Comment(0) | ガイドの本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。