2007年05月12日

監守来歴碑記を読む(その8)

石ころ道の旧道
旧道、この石ころ道を監守一族も歩いたのでしょうか?

読み方
乾隆(けんりゅう)七年に至り 将に城地を以て 改めて郡民に授け 其の典礼を行わしめんとす
 
語句の解説
乾隆(けんりゅう)七年:1742年 1665年に今帰仁監守は首里に帰って、今帰仁城は無人となり、廃城になった。それ以後77年が経過している。今帰仁城は草木に覆われ荒れ果てていたと思われる。
城地を郡民に授け:今帰仁城を民間に払い下げる。首里王府は今帰仁城地を郡民に授ける決定をした。
その典礼をおこなわしめんとす:今帰仁城内でおこなわれている祭祀(拝みなどの行事)を郡民におこなわせる。

読み方
是(これ)によりて 宣謨(せんも)具疏(ぐそ)して 往事(おうじ)を禀明(りんめい)し、恭(うやうや)しく 兪充(ゆじゅう)を蒙(こうむ)り 永く城地を管し 典礼を掌(つかさど)ること 旧のごとし。

語句の解説
宣謨(せんも):尚宣謨(せんも)は監守10世にあたる。
具疏(ぐそ)して または 疏を具え:くわしく書き記す。
禀明(りんめい):申し上げる。
兪充(ゆじゅう)を蒙(こうむ)り:難解な語句です。意訳を参照してください。
監守10世の宣謨は、代々の監守一族が今帰仁城を管理してきたことを首里王府に訴え、今までどおり監守が今帰仁城を管理できるように願い出て、聞き入れられた。今帰仁城は郡民に授けられることなく、これまでと同様、監守一族の所有となった。

意訳
そこでわたくし尚宣謨が往事の事情等を奏上したところ、これまで通りわが家が城地を管理し典礼を司ることがゆるされた。(意訳の文面はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より転載させていただきました。)
posted by gusukutarou at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 監守来歴碑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41642861
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。