2015年04月03日

今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました

今帰仁城跡の前段階だったとされるシイナグスクへ行きました。きれいに草刈されているので、今がチャンスです。あとひと月もすれば、再び草に覆われてしまいます。

シイナグスクの表示

写真の表示は、乙羽(オッパ)トンネルと呉我山トンネルの間のもの。反対側の湧川方向に行く道路にも表示があります。

シイナグスクは右手の山にある

右側の山手にシイナグスクがあります。

シイナグスク入口はパイン畑

入口にはパイン畑が。周辺は農業地帯で、菊栽培やマンゴーのビニールハウスが並んでいます。

シイナグスクへ入るところ

いよいよグスクへと入ります。

シイナグスクには奇岩がごつごつしている

奇岩がごつごつと露出しています。石灰岩のカルスト地形に土が乗った感じです。

シイナグスクの古井戸

古井戸があり、水は枯れています。伝承によると、日照りのときに水が枯れたので築城を止め、今帰仁グスクへ移ったとあります。

石垣が積まれている

石垣が積まれ、石積みのグスクであることがわかります。

シイナグスクの由来説明がある

説明版です。

文化財撮影シイナグスクから羽地内海の眺望_R.jpg

シイナグスクから羽地内海の眺望です(今帰仁村文化財係り撮影)。今回は木が茂っていて羽地内海を見ることはできませんでした。
posted by gusukutarou at 11:16| Comment(0) | 周辺史跡を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。