2014年05月27日

旧今帰仁勢力の残党を見張った座喜味グスクは、西海岸を見渡すところに建っている

座喜味グスクの洗練された城壁の曲線


琉球王国のグスクの一つ座喜味グスクは、今帰仁グスク(北山勢力)が滅ぼされた後に、旧北山の残党が存在するとされた西海岸を見張るために建てられたといいます。

中山は3000の兵を率いて、北山(今帰仁グスク)を滅ぼしますが、旧北山の残党が逃れて潜んでいたと考えるのは、むしろ自然かもしれません。

護佐丸は中山の有力な按司として、北山討伐に参加したとされますが、その護佐丸が15世紀初頭に築城したのが座喜味グスクです。(文化遺産オンライン

沖縄最古のアーチ門といわれる
美しく設計された門は沖縄最古のアーチ門といわれる

最上部の住居跡は礎石が残されている
最上部の住居跡は礎石が残されている

石積みは隙間なくしっかりと積まれている
石積みは隙間なくしっかりと積まれている

琉球国王の居城である首里グスク(首里城)を防衛するため、首里から見渡せる高台に座喜味グスクが造られていて、北部からの侵入者、特に海からの敵を見張るには好都合の立地です。

今帰仁グスクが雄大でスケールの大きさを誇るのに対して、座喜味グスクは小さいながら無駄がなく、緩やかな城壁の曲線は、たおやかさを感じさせます。

グスクの曲線美について、琉球大学の高良教授は「琉球人の美意識」と評されました。


(今回、座喜味グスクを訪ねましたが、都合で時間がとれませんでしたので、後日もう少し詳しい写真をご紹介したいと思います。)


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: クバの御嶽は荘厳で首里城とのかかわりも深い
ガイドと歩く今帰仁城跡: 難攻不落といわれた今帰仁グスクが、中山の勢力に滅ぼされた理由は?



グスクと按司〈上〉―日本の中世前期と琉球古代 (シリーズ沖縄史を読み解く)

来間 泰男 日本経済評論社 2013-11
売り上げランキング : 988697
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 21:27| Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

今帰仁城跡は世界遺産?そうです世界文化遺産です

今帰仁城跡の正門
今帰仁城跡の正門

今帰仁城跡は世界遺産? これが世界遺産なの?
たまにお客様がつぶやく言葉です。

ガイド無しで今帰仁城跡を回ると、石垣ばかりが目に付いてしまい、この石垣が世界遺産なのかしら?と疑問に思うわけですね。

世界遺産は自然遺産と文化遺産に分けられますが、今帰仁城跡は文化遺産なのです。
富士山が2013年に世界文化遺産に登録されました。富士山は自然遺産になりそうですが、文化遺産なのは、富士山が信仰の対象であるからです。

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が、今帰仁城跡やその他8箇所の施設に付けられた正式な名前です。今帰仁城跡は琉球王国が、かつて存在したという証明です。それに加えて、今帰仁城跡内にある御嶽(うたき)や拝所が、今でも信仰の対象になっているという事実があります。今帰仁城跡以外の他の8箇所の施設も、同様です。

ですから、富士山と同じように、今帰仁城跡は世界文化遺産なのです。


ブログ内の関連記事:ガイドと歩く今帰仁城跡: なぜ沖縄の文化遺産が世界遺産に登録されたか?
ガイドと歩く今帰仁城跡: 琉球の時代に城主が拝んだ火の神は、今も参拝者が絶えません



沖縄文化はどこから来たか―グスク時代という画期 (叢書・文化学の越境)

高梨 修,中本 謙,吉成 直樹,阿部 美菜子 森話社 2009-05
売り上げランキング : 952584
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 21:10| Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

なぜ沖縄の文化遺産が世界遺産に登録されたか?

城壁の修復も評価された
調査測量により修復された城壁は高く評価された。


「琉球王国のグスク」とはなんでしょうか?

「グスク」とは城であり、外交、政治、宗教、文化の拠点となったもので、琉球には200以上もあります。
三山時代と言われる、北山、中山、南山の三国時代から、琉球統一にいたるグスク群の物語る歴史が、現代の沖縄の文化に最も大きな影響を与えてきた、と考えられるのです。
グスクを通して、琉球が、日本、朝鮮、中国、東南アジア諸国との交流のなかで、営々と築き上げた文化が現代沖縄の文化の土台となっています。ここに「琉球王国のグスク」の意味があります。

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」がどのような基準で世界遺産に登録されたのでしょう?
評価されたポイントが3つあります。

A 琉球王国が広く交流、交易をして独自の文化をつくりだしたこと。
琉球が、日本、朝鮮、中国、東南アジア諸国とのあいだで繰り返し、経済や文化の交流をおこなった。
その証拠となっているのが、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」。

B 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に自然・祖先崇拝的な琉球独自の信仰があらわれている。
グスクや御嶽(ウタキ)などが、琉球独自の自然・祖先崇拝的な信仰の場となっている。グスクや御嶽(ウタキ)には、こんにちでも拝みをするひとびとが絶えず、現代沖縄のひとびとの間に文化的な伝統として、今なお活きつづけている。

C 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は琉球王国の失われた文化をあらわす考古学的遺跡。
グスクなどを発掘調査することにより、 琉球王国の文化がどのようなものだったかが明らかになる。

以上の3点を心にとめながら、各グスクと関連遺産を見学すると、見方もまた変わってくるし、興味がつきないと思います。

参考:第2期 今帰仁城跡案内ガイド養成講座 「世界遺産」としての「沖縄の文化遺産」講師 安原啓示(今帰仁城跡調査研究整備委員長)
   第3期 今帰仁城跡案内ガイド養成講座 世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」講師 金武 正紀(今帰仁村発掘調査アドバイザー)
posted by gusukutarou at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

石の城が世界遺産?

城壁はすべて古生代石灰岩で積み上げられている
古生代石灰岩を積み上げた堅固な城壁

今帰仁城に訪れた方のなかに、この石の城が世界遺産?と疑う方がいました。ただの石が積み上げられた建造物と目に映ったのかもしれませんね。
今帰仁城は世界遺産に指定された9箇所のなかの1つです。今帰仁城跡(なきじんじょうあと)が正式名称。


琉球王府:首里城、王の庭園:識名園、王府の聖地:園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、王家の墓所:玉陵(たまうどぅん)、
琉球最高の聖地:斎場御嶽(せーふぁーうたき)、
関連したグスク:座喜味城、中城城、勝連城、そして今帰仁城の9箇所です。

いずれも、琉球王国のグスクと琉球王国に関連した遺産です。もっとも琉球のグスクは200以上もありますから、もっと多くのグスクが世界遺産に登録されてもおかしくないかもしれませんが。

世界遺産に登録された理由は、ひとことで言えば、今は失われた琉球王国の文化を証明するものと言えると思います。
世界遺産について詳しくは日本ユネスコ協会連盟のホームページ・世界遺産活動を覧ください。
posted by gusukutarou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。