2015年08月22日

中学2年生女子のグスクレポートが早くて視点がすばらしい

グスクレポート海道新聞


攻めにくい城は住みにくい?(改訂版では?が付く)
2つの時代が共存する空間

見出しにすぐ目が留まります。

今帰仁グスクは難攻不落。しかし、井戸が掘れませんから、深い谷へ下りて水を調達しなければなりません。

主郭には、14世紀と16世紀の遺構が一つの平面に並んでいます。普段なにげなく見ている場所ですが、確かに時代が違う遺構が共存しているのです。


この「世界遺産の歩き方」は、ご案内した翌日にはもう出来あがっていました。親子3名の方と今帰仁グスク内を案内して歩きました。暑い夏の日でしたが、お客様には一つの目的があり、主にお父さんが質問、中学生は黙って聴いていました。

出来上がったのがこの「世界遺産の歩き方」です。帰りの車中で、親子で検討したそうです。もちろん、文章を書いたのは中学2年生です。

案内するガイドのほうが大いに勉強になった新聞でした。


上里 隆史,喜納 大作 河出書房新社 2015-06-23
売り上げランキング : 32782
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 20:49 | Comment(0) | 城内案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

宝剣 千代金丸と北山滅亡、沖縄の水中文化遺産

ガイド10周年記念講演


国宝 千代金丸はめったに見ることはできませんが、レプリカならいつでも見ることができますね。レプリカなんて!とあなどってはいけません。国宝の千代金丸の修理を依頼した、刀鍛冶の方や鞘(さや)の装飾をする専門の美術家の方が、本物を目の当たりにしながら、製作したレプリカです。費用はなんと1000万円。ですから、一見の価値ありと思います。

この千代金丸は、今帰仁村歴史文化センターに展示されています。さらに、8月1日(土)には関連した講演があります。
題して「宝剣千代金丸と北山滅亡」。講師は館長の仲原弘哲氏。仲原氏は、レプリカ作成に関わってきました。(画像では国宝千代金丸になっていますが、宝剣千代金丸に訂正されました。)

題のとおり、千代金丸は今帰仁城の滅亡に関わる刀です。それについては、宝剣千代金丸が今帰仁城へ来た!: ガイドと歩く今帰仁城跡に投稿しましたので、ご覧ください。

講演はもうひとつあり、「沖縄の水中文化遺産」。講師は沖縄国際大学講師の宮城弘樹氏。宮城氏は今帰仁城跡のガイドを養成した方でもあります。

画像にあるように、今帰仁グスクを学ぶ会(ガイドの会)が10周年を迎える記念事業として、これらの講演が企画されました。講演の前には記念式典があります。どなたでも参加無料ですのでお気軽にどうぞ。


修学旅行をお見送りするガイドたち

早いもので今帰仁城跡のガイドが誕生してから、10年が経ちました。われわれ一期生はあれから10才歳をとったわけです。今後の課題は、若い方がガイドに加わってお客様をご案内できるようにすることです。
posted by gusukutarou at 18:16 | Comment(0) | 講演、講話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事一覧
琉球のノロと現代の神人(04/10)
桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡 ツアー募集しています(01/04)
中学2年生女子のグスクレポートが早くて視点がすばらしい(08/22)
宝剣 千代金丸と北山滅亡、沖縄の水中文化遺産(07/20)
宝剣千代金丸が今帰仁城へ来た!(04/20)
天気予報男 今帰仁村の民話から(04/12)
今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました(04/03)
今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした(04/03)
今年の緋寒桜はよく咲いてくれました(02/10)
2015年1月29日の桜の開花は8分咲き(01/29)
2015年1月18日の桜の開花情報(01/19)
不思議な山北王の時代(12/28)
桜の季節の史跡散策ツアー 参加者募集(12/01)
御嶽(うたき)が立ち入り禁止?!(11/24)
今帰仁村でサシバの飛来を確認しました(10/10)
食べられる花「クヮンソウ」と食べられない花「ヒガンバナ」(10/06)
今帰仁の隣ムラ具志堅のシニグ(08/23)
今帰仁グスクの海神祭を再現してみました。第2日目 城大折目(グスクウイミ)(08/13)
今帰仁グスクの海神祭(うんじゃみ)を再現してみました(08/11)
フウリンブッソウゲとコルチカム 今帰仁グスクの花々(08/04)


今帰仁城跡のガイドの予約、お問い合わせはガイドの公式ホームページ「今帰仁グスク」http://nakijingusuku.com/へ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。