2015年04月03日

今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました

今帰仁城跡の前段階だったとされるシイナグスクへ行きました。きれいに草刈されているので、今がチャンスです。あとひと月もすれば、再び草に覆われてしまいます。

シイナグスクの表示

写真の表示は、乙羽(オッパ)トンネルと呉我山トンネルの間のもの。反対側の湧川方向に行く道路にも表示があります。

シイナグスクは右手の山にある

右側の山手にシイナグスクがあります。

シイナグスク入口はパイン畑

入口にはパイン畑が。周辺は農業地帯で、菊栽培やマンゴーのビニールハウスが並んでいます。

シイナグスクへ入るところ

いよいよグスクへと入ります。

シイナグスクには奇岩がごつごつしている

奇岩がごつごつと露出しています。石灰岩のカルスト地形に土が乗った感じです。

シイナグスクの古井戸

古井戸があり、水は枯れています。伝承によると、日照りのときに水が枯れたので築城を止め、今帰仁グスクへ移ったとあります。

石垣が積まれている

石垣が積まれ、石積みのグスクであることがわかります。

シイナグスクの由来説明がある

説明版です。

文化財撮影シイナグスクから羽地内海の眺望_R.jpg

シイナグスクから羽地内海の眺望です(今帰仁村文化財係り撮影)。今回は木が茂っていて羽地内海を見ることはできませんでした。
posted by gusukutarou at 11:16 | Comment(0) | 周辺史跡を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした

今帰仁グスクのさくらんぼ1

今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした。
県外からはソメイヨシノを中心とした桜の開花情報が入ってきますが、今帰仁城跡見学のお客様はサクランボが実っているのに驚いていました。

早朝から野鳥が食べに来るので、今帰仁グスクは野鳥の天国です。
この写真は3月末に撮影しましたので、現時点ではサクランボは残りわずかです。

今帰仁城跡のさくらんぼ2

IMG_1969_R500.jpg
posted by gusukutarou at 10:48 | Comment(0) | 今帰仁城と周辺の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事一覧
琉球のノロと現代の神人(04/10)
桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡 ツアー募集しています(01/04)
中学2年生女子のグスクレポートが早くて視点がすばらしい(08/22)
宝剣 千代金丸と北山滅亡、沖縄の水中文化遺産(07/20)
宝剣千代金丸が今帰仁城へ来た!(04/20)
天気予報男 今帰仁村の民話から(04/12)
今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました(04/03)
今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした(04/03)
今年の緋寒桜はよく咲いてくれました(02/10)
2015年1月29日の桜の開花は8分咲き(01/29)
2015年1月18日の桜の開花情報(01/19)
不思議な山北王の時代(12/28)
桜の季節の史跡散策ツアー 参加者募集(12/01)
御嶽(うたき)が立ち入り禁止?!(11/24)
今帰仁村でサシバの飛来を確認しました(10/10)
食べられる花「クヮンソウ」と食べられない花「ヒガンバナ」(10/06)
今帰仁の隣ムラ具志堅のシニグ(08/23)
今帰仁グスクの海神祭を再現してみました。第2日目 城大折目(グスクウイミ)(08/13)
今帰仁グスクの海神祭(うんじゃみ)を再現してみました(08/11)
フウリンブッソウゲとコルチカム 今帰仁グスクの花々(08/04)


今帰仁城跡のガイドの予約、お問い合わせはガイドの公式ホームページ「今帰仁グスク」http://nakijingusuku.com/へ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。