2015年01月19日

2015年1月18日の桜の開花情報

2015年1月18日の桜2


今帰仁城跡の桜の開花情報です。
2〜3本咲いているものがありますが、全体に見ごろとなるのは1月下旬から2月上旬ではないかと予想しています。

毎年、見ごろの基準となるのが、旧暦元旦です。しかし、今年の旧暦元旦は、2月19日なので、これでは遅すぎます。

今のつぼみの様子から、見ごろはあと1〜2週間ではないでしょうか。開花の早い木もあれば遅い木もありますから、すべてが満開!を期待するのは、むずかしいですね。

2015年1月18日の桜1



日本の桜 (生きもの出会い図鑑)

勝木 俊雄 学研教育出版 2014-02-18
売り上げランキング : 672711
by ヨメレバ
posted by gusukutarou at 10:48 | Comment(0) | 2015年の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

不思議な山北王の時代

今帰仁グスク(今帰仁城跡)の城主、山北王の時代は明国との交易が盛んでした。33年間の間に18回も進貢船を出しています。と、言うより、中山と一緒の船で、明に進貢するために行ったらしいのです。

山北と中山は宿敵ではなかったのでしょうか?さらに不思議なことには、進貢の品物は馬と硫黄ですが、硫黄の採れる硫黄鳥島は山北の領域にあります。中山も硫黄を進貢しているので、硫黄を山北だけが独占していたわけではなさそうです。

戦と交易は別ものだったのでしょうか?とても不思議に思われます。このような記事も掲載している山北王の時代のページには、明と冊封関係を結び、日本と交易した琉球国の姿が描かれています。

別冊モモト「世界遺産今帰仁城跡」の表紙は、深い渓谷側から難攻不落の城壁を空撮しています。
内容は、最新の今帰仁城跡の情報といえると思います。ガイドのお勧め5つ星です。

モモト別冊 今帰仁城跡 -
モモト別冊 今帰仁城跡 -
posted by gusukutarou at 22:03 | Comment(0) | ガイドの本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事一覧
琉球のノロと現代の神人(04/10)
桜の季節にガイドとめぐる今帰仁の史跡 ツアー募集しています(01/04)
中学2年生女子のグスクレポートが早くて視点がすばらしい(08/22)
宝剣 千代金丸と北山滅亡、沖縄の水中文化遺産(07/20)
宝剣千代金丸が今帰仁城へ来た!(04/20)
天気予報男 今帰仁村の民話から(04/12)
今帰仁城跡の前段階のグスク「シイナグスク」へ行きました(04/03)
今帰仁城跡のサクランボが鈴なりでした(04/03)
今年の緋寒桜はよく咲いてくれました(02/10)
2015年1月29日の桜の開花は8分咲き(01/29)
2015年1月18日の桜の開花情報(01/19)
不思議な山北王の時代(12/28)
桜の季節の史跡散策ツアー 参加者募集(12/01)
御嶽(うたき)が立ち入り禁止?!(11/24)
今帰仁村でサシバの飛来を確認しました(10/10)
食べられる花「クヮンソウ」と食べられない花「ヒガンバナ」(10/06)
今帰仁の隣ムラ具志堅のシニグ(08/23)
今帰仁グスクの海神祭を再現してみました。第2日目 城大折目(グスクウイミ)(08/13)
今帰仁グスクの海神祭(うんじゃみ)を再現してみました(08/11)
フウリンブッソウゲとコルチカム 今帰仁グスクの花々(08/04)


今帰仁城跡のガイドの予約、お問い合わせはガイドの公式ホームページ「今帰仁グスク」http://nakijingusuku.com/へ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。